婚活パーティーに参加する際、会った相手に最初にみられるのはやはり服装です。
服装によって、相手の女性に「この人はアリ」「この人はナシ」と最初に振り分けられてしまうことも少なくありません。

男性の30代でのファッションに一番大切なのはすばり「清潔感」です。
しわしわヨレヨレの使い古したシャツやズボンではだらしない印象を与えてしまいますし、汚れたりすり減ったりしている靴やカバンなどもケチだったり面倒くさがりだったりしそうなイメージを持たれてしまいます。
わざわざ新品の服や小物を用意する必要はないですが、しっかり洗濯した後はアイロンがけをし、小物は汚れなどをきちんととって磨いておきましょう。
普段は古着などを好む方もパーティー向きではないため、控えた方が良いと思われます。

そして、服装を選ぶ際に気を付けたいことは「パーティーに向いていて個性が強すぎないものを選ぶ」ことです。
男性のファッションには様々な種類があります。
スポーティーなファッションやアウトドア系ファッションなどは、屋外でデートする際などには良いかもしれませんが、屋内で行われる婚活パーティーにおいては不向きです。こだわりが強すぎるファッションは、そのファッションが好きな女性には注目されるかもしれませんが、やはり婚活パーティーではできるだけ多くの女性に好印象を持ってもらいたいものです。

そのために、あまりこだわりが強すぎるのではなく、パーティーでも浮かないきれいめなカジュアルスタイルを選ぶことが無難でしょう。
スーツなども良いですが、あまりカッチリと仕事感が出てしまうとリラックスして話しをするのが難しくなってしまいます。
自分が着ていて楽であり、なおかつきちんと見えるような格好がおすすめです。具体的には仕事っぽくないシャツときれいな形のパンツなどが良いでしょう。

柄物は好き嫌いが分かれるのでNGですが、ボーダーなどの定番の柄であれば爽やかですし、カジュアル好きな女性から人気が高いです。

派手な色は目立ちやすい、覚えてもらいやすいという利点はありますが着こなしが難しいためベーシックな色の方が良いでしょう。夏だからといって、薄着すぎたり丈が短いパンツなどを履いたりするのはやめておいた方が良いです。
じゃらじゃらしたアクセサリーなどは苦手な女性もいるので、それよりも腕時計やカバンなどの小物の質にこだわります。

向いている服装が自分ではなかなか選べなさそうだという方は百貨店のメンズ売り場で店員さんに相談してみるのがおすすめです。
正直に婚活パーティーに参加する旨を伝え選んでもらえると失敗することも少ないはずです。言いにくい場合は交流会や同窓会などで着る服装を迷っていると言って相談してみましょう。トータルでコーディネートするとまとまったお洒落な雰囲気になります。女性ウケの良いファッションで親しみやすい第一印象をゲットし、素敵な出会いにつなげましょう。