出会いのある職場と出会えない職場!職場の出会いを恋愛に発展させるポイント

職場は結婚に繋がる出会いの場ナンバーワン

職場で出会ったカップル

結婚したカップルが出会った場所は様々な場所がありますが、ダントツの出会いの場は「職場」なんです!

日本人カップルの3組に1組が職場で出会ったと言われています。周りの夫婦を見回してみても、職場で知り合ってご結婚されたというご夫婦が多いのでは?

出会えない職場はこんなところ

職場

出会いがないと真剣に悩む人は、職場環境のせいと言っても過言ではないようです。

例えば、同性だらけの職場は異性との出会いは望めませんよね。女性の場合は、美容関係のお仕事の方は同僚が女性ばかりで、お客さんも女性ばかりです。保育士さんは同僚の保育士さんもほとんどが女性で、園児の保護者もほとんどがママさん。パパさんがいらしたとしても既婚者で恋愛対象にはなりませんよね。

また、男性だらけの会社に事務員として入社したものの、親子ほど年が離れた既婚の男性しかいない、という場合もあります。

男性の場合も、建設業など肉体労働が多い職場など、男性しかいないような職業では、仕事中に女性と知り合う機会はほとんどありません。「仕事柄女性との出会いが全くありません」という男性の言葉はよく聞きます。

出会うために働くわけではありませんが、職場選びって本当に大事です!!

オフィスラブは手を差し伸べるところから始まる

オフィスラブ

オフィスラブという言葉は最近はあまり聞かなくなりましたが、やはり同じオフィスで仕事をしている同僚とは恋に落ちやすいようです。仕事で困りごとがあったら、すぐに相談ができますし、共通の話題も多いです。同じことを共有する仲間として、親近感がありますね。

もし、仕事でトラブルを起こしてしまって自分では解決できなかった時など、手伝ってくれた同僚や先輩への気持ちは、ただの職場の人ではなくなりますよね。困っているときに手を差し伸べられたら「頼りになる人」→「気になる人」→「好き」と気持ちが変化していくことはよくあります。トラブルだけではなく、オフィスで一緒にいる時間が長いので、気持ちの距離も縮みますね。

セクハラやパワハラを恐れるとチャンスが消える

セクハラやパワハラ

職場において、自分の言動や行動で相手を不快にしてしまったら、相手はいとも簡単にセクハラやパワハラで訴えることができる世の中です。職場での恋愛は、お互いの確実な気持ちがないと発展させられません。

例えば役職がついた人が部下にアプローチしても、部下が嫌だと思ってセクハラだと訴えたら、セクハラとパワハラをしたことになってしまうんです。

そんなこともあり、仕事一筋の真面目さんは、キャリアを積んで得た役職の代わりに大切なパートナーを得るチャンスを逃してしまっている方が多いんです。

やはり一日のほとんどをオフィスで過ごしていれば、なかなかオフィスの外で出会いを探す時間もないですよね。結婚情報サービスや結婚相談所に登録する人は、大学教授、医師、公務員などなど仕事一筋の真面目さんが多数。高収入の職業についている方が意外に多いのです。

意外と近くにいる運命の人

近いところに出会いあり

お堅い職業の知人A子は、自分では婚活を頑張っているつもりなのにいいお付き合いに繋がる男性に出会えずいました。職場の同期はみな結婚して尚のこと焦り、「このまま一人で老いて、孤独死なんてことになったらどうしよう」と考えるほどでした。

A子のボスは独身で、A子に好意を持っていました。それをA子は知っていました。でも年齢も離れていて役職の差もありすぎるので、気がつかないふりをしていました。

でもなんとなく、A子はボスのことが気になるんです。いろんな婚活で出会う人と、ついボスを比べてしまうのです。A子はボスとの立場が大きく違うのを気にしていましたが、A子は自分の気持ちに素直になって、ボスにかけてみたいと思ったと言います。

どんな時でもチャンスは自分で掴む

出会いのチャンスは自分でつかむ

飲みの席でボスが「紅葉見に行きたいな」と言ったので、A子は清水の舞台から飛び降りて「行きましょう!いつにします?」とボスにアプローチしてみました。A子の勇気が実り、二人のデートが決まりました。

A子とボスは職場では絶対に話すことのない趣味の話で意気投合しました。年齢差や立場の差も忘れ、A子はどんどんボスに惹かれ、なんと3ヶ月後には結婚しました。嘘のようなお話ですが・・・

実は、これは私の話です。年の離れた上司ですし、本気で怒られることもありました。もう大嫌いだと思って連絡手段をブロックしていたこともあるくらいなのに、本当はずっと気になっていました。自分に素直になって、勇気を出して自分から行動を起こすこと、とっても大切なことなのです!

苦手から好きに変わる

苦手から好きへ

先ほども書きましたが、実は私はボスのことが何となく嫌だなと思っていました。まず、ボスであるというだけで苦手でした。第一印象はすごく悪かったのに、割と仕事のことを気にかけてくれる上司でだんだんと印象がいい方に変わっていきました。

私のように、苦手意識や嫌だなと思うところから、実はこんなひとだったのかといういいギャップを感じて、相手を知るほどにどんどん惹かれていく方が多いそうです。

職場では、同僚と長い時間一緒に過ごすので、「おや?」というギャップをたくさん見つけて、好感を持つようになり、お付き合い→結婚に繋がるケースが多いようです。

職場恋愛は男性より女性が有利?

職場の女性

職場恋愛では、女性の方から男性に告白するとほぼ成功すると言われています。男性の方が女性よりずっと出会いの場がなく、職場ではしか異性と出会えないという男性もいるほどです。それゆえ女性は気になる男性社員がいたら、狙いを定めましょう!

男性の皆さんも待っているだけでいいというわけではありません。仕事を頑張るだけでなく、話術も鍛えて盛り上がるネタを常に仕入れておくなど、女性に自分の存在をアピールしていきましょう。

男性の皆さんも職場で結婚につながる出会いを作るために、自分磨きを欠かさずに。

【まとめ】運命の人は、職場というコミュニティで近くにいるかも?

運命の人

職場での出会いは、結婚につながる出会いナンバーワンです。

友達のように仲良くなりすぎても恋愛に発展させるのは少し照れ臭いかもしれませんが、出会いのチャンスを逃すより勇気を出して幸せを掴む方が絶対にいいと思いませんか。

「そんな対象なんて職場にはいない」と決めつけずに、同僚の意外な一面に気付けるあなたになってみては?

▽恋人に巡り会えるマッチングアプリはこれ!目的別アプリでお得に賢く出会おう▽