婚活パーティーに参加を検討している男性の中には年収をとても気にされる人も多いです。

自己紹介のときに自身が就いている職業を伝えることもあり、かなり気にされる方がおられます。
そこから大まかな金銭面の余裕や資産が分かるためです。

実際のところ婚活パーティーにおいて年収はあまり気にされない傾向があります。
必要なのは「話しやすさ」「気の合い方」が重要なポイントになっているからです。

婚活パーティーで大切なのは相性

参加をされている方々の年齢にもよりますが、基本的に20代の女性は30代または20代の男性を選ぶ傾向があるためです。
20代前半の男性でとても高収入な方が参加されていても30代の女性や20代後半の女性は余程に相性がいい場合を除いて年収を気にされない傾向があります。

例えば大変に収入が良いとされている医師や弁護士であっても特にご自身よりも年下の男性を選ぶ女性は少ないものです。
婚活パーティーではどちらかというと清潔感や顔の品格の良さなど、その人の品性が重要視される傾向があります。

お嬢様タイプの女性の方は参加をされていても、パーティーにいい人がいないと感じれば誰ともカップリングをせずに帰ることもありますし婚活パーティーの参加者様にもよりますが、カップルがほとんど成立しないということも稀ではありません。

自分自身に自信がない女性の方の場合には、驚くべきことですが20代後半でありまだまだこれからという時期に無職でありながらも性格がとても良い40代の男性を選ぶことがあります。
特に顔が美形であるということや美男子であるということではなく、相性がとても良いケースではこのようなことが起きます。

大変に意外に感じられる方もおられますが、実際にこのようなパターンは多いです。

この理由に関しては女性に自信がないことを男性側が理解し会話を盛り上げてくれることから、一緒にいて「楽しい人」という認識が生まれるためです。

それに大きな会社がいつ倒産するか、リストラされるのかわからない時代です。
金銭面は1つの選択の要素ではあるもの、重大なポイントではないのです。

年収を気にせず参加するのが一番

婚活パーティーにおいては思いもしないことが多々起きます。

例えば上記のような20代女性と40代の無職の男性とのカップリングなどもそうですが、必ずしも年収が高い人がかなり有利になることは決してありません。
年収が倍ほども違う男性同士で一人の女性を気に入った場合であっても最終的に女性が選ぶ方は低い方です。この謎については先ほどと同じように、会話の楽しさと内容、相手の品格の良さ、そして女性自身が負担を感じない年齢であるかということです。
とても年収が高い方であっても全くモテない場合というケースは女性に対して横柄な対応をされているということや上から目線でのみしか会話が出来ない場合です。特に女性の場合には男性と脳の構造が違うと言われているほど共感という言葉にとても敏感です。

話を聞いてもらえる、という安心感があれば顔は特に気にしない、お金のことなども気にしないとされる方は多いものであります。また男性の方の場合には主に高嶺の花タイプの女性を狙う方もおられますがこのような美人さんの場合には幼少からかなりモテてきたケースが多いことから、特に話を聞いてくれない、こちらの意見を無視するような男性を嫌う傾向が強いです。