男性に女性もアラサー世代になってくると、周辺の同世代の友人や同僚の結婚式に招待されたり、子供の話をされたりして嫌でも自分の結婚を意識し始めて焦り始めます。

男性の場合はまだ何とかなると考えている人も多いですが、女性の場合は結婚だけでなく30代を過ぎると急に妊娠し難くなり婚活だけでなく妊娠適齢期も意識しなければならない時期で猶更切実です。
婚活方法といっても色々あって、合コンや友人の紹介やお手軽な婚活サイトや婚活アプリや出逢い系サイトや結婚相談所などのお見合いや婚活パーティーなど様々な方法があり、自分に合った婚活方法で相手を探すのがベストです。

周りからの紹介が無くなる

友人や知人からの紹介が一番身近で簡単に相手を見つけられる方法ですが、アラサーになるとかなり難しくなります。
何故かというとアラサーで異性の友達を紹介できるようなモテる友人の場合は、アラサーになる前に既に結婚している事が多く、通常は異性の友達と付き合い続ける事が少なく紹介してくれる数が減る故です。

合コンを使った婚活もアラサー世代ではめっきり減ってほとんど開催されず、無理をして若い世代の合コンに参加したら自分が引き立て役に使われるのがオチだからです。

出逢い系はリスクが高い

出逢い系サイトを使った婚活もありますが、結婚相手を運よく探せればいいのですがこの方法を使うリスクがいくつか考えられます。
出逢い系サイトの利用者は結婚相手探しを目的にしているよりも、一夜限りの愛人探しや異性の友達を探す軽い目的で利用する人の方が多いからです。
それだけでなく結婚を焦っている異性から現金を騙し取る結婚詐欺目的の利用者や、のこのことホテルの部屋に行ったら強面の男性がいて金品を巻き上げる美人局などの犯罪の被害にあう危険性があります。

最近話題の婚活アプリ

出逢い系サイトよりは安全なサービスとして、スマートフォン1台あれば利用が可能な婚活アプリも存在します。
婚活アプリのメリットには、お金をかけずに婚活できる事やPCなしでスマートフォンさえあれば相手の女性を探せるなどがあります。

デメリットとしては、プロフィール情報がいい加減なサービスも多くて実際にデートしたら別人だったという事もよくあり、利用者は10代から20代前半が中心でアラサー世代だと結婚相手を見つけにくいからです。
他にはマッチング系の婚活サイトがあり、入会時に身分証明書や収入証明書の確認が義務付けられているサービスが多くて成りすましが少ない事や、婚活アプリなどと違って婚活を真剣に考えている人が多いなどのメリットが存在します。
だけど理想の結婚相手の条件に年齢を入れる事が多くて、アラサー世代になると特に女性は妊娠適齢期を過ぎているため人気が無くなるデメリットがあります。

結婚相談所のお見合いで理想の相手を探す方法もあり、専属のアドバイザーが相手を探してくれてお見合いが成功するまでサポートしてくれるメリットはありますが、アラサーになると相手が見つかり難く多額の費用がかかるのがデメリットです。
婚活パーティーは自分の趣味の合うパーティーを選べて、気の合う異性と同時に沢山知り合えるチャンスなので、早く結婚相手を見つけたいアラサー世代に最適な婚活方法です。